Man is going to take a pill

痛すぎる性病

drugs and capsules

個人的に一番嫌だった性病は、淋病というやつです。淋病は女性には症状が生じないのですが、男性の場合は性器から膿が出て、非常に強い痛みを伴うようになります。本当に泣きたくなるほどの痛みなので、男性は絶対にかかりたくない性病だといえます。
あまりにも痛みが強いので、男性はすぐに感染に気付くのですが、感染に気付いていない女性が多いので、どうしても性に旺盛は男性はすぐに移されてしまいます。特に風俗店での感染が多いので、風俗通いが好きな男性は淋病には確実に気を付けておきましょう。

淋病を予防するためには、まず感染経路を知ることが重要です。淋病は淋菌という菌によって発症するのですが、淋菌は性器以外にも咽頭に感染します。すなわち、一日に複数の男性に対してオーラルセックスを行う風俗嬢などは、どうしても感染リスクが高いといえるのです。
咽頭感染の場合は咳やのどの痛みといった風邪の症状が出るだけなので、どうしても気づくことができないままに移してしまいます。性病=性行為で感染という間違った認識のせいで、感染者数が減らないといえます。

もし男性が淋病になってしまった場合、彼女やセックスフレンドも淋病を持っている可能性が高いです。できるだけ一緒に治療するのを心がけましょう。
治療に関してはジスロマックという薬で行えます。ジスロマックは普通に個人輸入の代行通販で購入できますので、気軽に治療が始められるといえます。
ジスロマックはクラミジア治療にも使えるので、一つ持っておけば非常に便利です。風俗通いが好きな方や、不特定多数相手と楽しんでいる方は感染リスクのことも考えて、常にジスロマックを持っておいてもいいかとおもいます。